WEB予約はこちら
予約制 TEL:082-831-0578

インプラント 広島 安佐南区 歯科 中筋歯科クリニック 歯科医院

インプラント

料金表 求人案内
HOME»  インプラント

インプラント

歯を失ってしまった部分に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着し、もとの歯と同じ形態と噛み合わせを回復する治療方法です。入れ歯のような金属製のひっかけやバーがないので、違和感は少なく自分の歯のように噛むことができます。また前の歯については、顔の表情や口唇とのバランスもよく、審美的にもベストな歯を入れることが可能となります。
インプラントは生態親和性に優れた純チタンを素材としているため、長期間安定して使用でき、安心して治療を受けていただけます。

インプラント治療の流れ

骨増生手術

インプラント治療の流れ

お口の中の診査 治療計画の説明

歯を失ってしまった部分に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着し、もとの歯と同じ形態と噛み合わせを回復する治療方法です。入れ歯のような金属製のひっかけやバーがないので、違和感は少なく自分の歯のように噛むことができます。また前の歯については、顔の表情や口唇とのバランスもよく、審美的にもベストな歯を入れることが可能となります。インプラントは生態親和性に優れた純チタンを素材としているため、長期間安定して使用でき、安心して治療を受けていただけます。

インプラント埋入手術(1次手術)

まず歯の根に相当するインプラント本体を顎の骨に埋め込む処置を行います。部分的な麻酔で行えるので特別なケースを除いて1時間~2時間で終了します。終了後はそのまま帰宅していただけます。

治癒期間

埋め込んだインプラントが骨にしっかりと結合するまで少し治癒期間を必要とします。
(1ヶ月半~3ヶ月)
※治癒期間は骨の質、量などにより個人差があります。
※この間は仮歯等で噛みあわせや見た目を維持するので、心配ありません。

アバットメント(土台)の連結(2次手術)

インプラントの上に土台となる部品(アバットメント)を連結します。これではじめてお口の中に歯が見えてきます。

仮の歯の装着

すぐに本歯を入れることもできますが、あらかじめ仮の歯を入れて試しに使用していただいた方が、トラブルがなく安心です。

最終的な本歯を装着

お口全体の型をとり、調整した仮歯と同じ形態で本歯を作製し装着します。これで完成となります。

メンテナンス

インプラントも天然歯と同じで、治療終了後も適切なケアがされなければ長持ちしません。
歯科医師、歯科衛生士の指導のもと、毎日のホームケア(ブラッシング等)と定期的なプロケア(3ヶ月に1度の定期検診)を必ず継続して行ってください。

骨増生手術

インプラントの周囲に十分な骨のボリュームが確保できていることが、インプラントを顎の骨に埋め込むための最低条件となります。
しかし、上の顎では上顎洞という空洞が、下の顎では下歯槽管という血管と神経が通るトンネルが存在するため、解剖学的に骨の高さが不足するケースがあり、また、歯周病や抜歯処置によって顎の骨は薄くなり、インプラントを埋め込むために必要な骨の厚みを確保できなくなるケースも多くあります。
こうしたケースではインプラント手術の前に、または手術と同時に骨を増生する処置を行う必要があります。この骨増生手術を行えば、本来ならインプラント治療をあきらめないといけない症例でも、手術可能となります。

ソケットリフト・サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

上の顎の場合、上顎洞という空洞が存在するため、特に奥歯で骨の高さが不足するケースがしばしばみられます。そういったケースでは上顎洞底に骨を盛り足すことでインプラントを埋め込むための厚みを確保することができます。

ソケットリフト術式

1

右上奥歯の顎の骨

2

専用の器具を使用して上顎洞の底を骨を盛り足しながら突き挙げていきます。

3

上顎洞底の挙上が終了した部位にインプラントを埋め込みます。

4

十分な長さのインプラントが埋め込まれた状態。

サイナスリフト術式

1

右上奥歯の顎の骨

2

上顎洞の横から骨を入れるための入り口を形成します。

3

骨を入れる準備ができた状態。

4

この症例ではインプラントの埋め込みと骨の移植を同時に行っています。

5

骨の移植が終了した状態。

6

インプラントの埋入も終了。

GBR(歯槽堤造成術)

歯周病や抜歯処置により顎の骨は基本的に吸収・縮小していきます。よって、インプラント手術時に必要な骨の厚み、高さが不足する症例も数多く見受けられます。その場合は自家骨または他の骨補填材を移植することでインプラントを維持するための十分な骨のボリュームと審美的にも良好な歯茎の形態を確保することができます。

1

抜歯後に高度の骨吸収により厚みが不足している。

2

埋め込まれたインプラント周囲の骨が足りていない。

3

十分な量の移植骨をインプラント周囲に補填。

4

移植骨を安定させるために専用の膜で保持。

5

歯肉を縫合して6か月程度の治癒期間を設ける。

PageTop