WEB予約はこちら
予約制 TEL:082-831-0578

インプラント 広島 安佐南区 歯科 中筋歯科クリニック 歯科医院

マタニティ歯科

料金表 求人案内
HOME»  マタニティ歯科

妊娠初期は、歯とお口のトラブルが増えやすい時期です

妊娠により、女性ホルモンが増えることで口の中の状態は大きく変化します。
口の中を正常に保つ唾液の分泌が低下してしまい、トラブルになりやすい時期です。

妊娠中でも治療は受けられますが、初期はつわりがひどい方もいらっしゃるので、トラブルにならない様に、十分に気をつけましょう。
むし歯予防に効果的なフッ素※配合ハミガキ剤がおすすめです。

●注意が必要なトラブル
  1. 歯周病になりやすい=妊娠性歯肉炎
  2. 口臭が発生しやすくなくる
  3. むし歯になりやすい
  4. 口内炎になりやすい
  5. 親知らず(智歯周囲炎)

妊娠中期(4~7ヵ月)

妊娠中期(安定期)で気をつけたいこと

中期=安定期に入ると…
一度に「食べられる量」が減ってしまうため、空腹状態が多くなり、間食などの「食べる回数」が増えやすい時期です。

妊娠中は唾液の量が減り、自浄作用が弱まるため、食後の歯磨きによるケアがとても重要です。
歯磨きの基本を再確認してお口のトラブルを起こすリスクを減らしましょう。

この時期は、体調も比較的安定しているため、歯科治療の適しています。

後期に入ってお腹が大きくなるとあお向け治療を受けるのが大変です。
何か悩みがある場合は、この時期にご相談ください。

妊娠中に気を付けたいこと

ママがむし歯だと、子どものむし歯のリスクも高まります。
ママにむし歯がある子どもと無い子どもを比べると、子どもがむし歯になる確率は断然高くなります。
生まれたばかりの赤ちゃんの口には、むし歯の原因となる細菌(ミュータンス菌)はいませんが、パパやママが使ったスプーンで赤ちゃんに食べさせたり、噛み砕いたごはんをあげたり、またキスしたりすることによって、実は赤ちゃんに細菌うつしてしまいむし歯になってしまうのです。
なので、妊娠中から赤ちゃんが生まれた後も、お口のケアは大切です。

PageTop